Pocket

※任意団体SPREAD当時に公開されたコラムです。

IPA セキュリティセンター 調査役 加賀谷 伸一郎氏

SPREADの特別会員IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)セキュリティセンター加賀谷さんのセキュリティコラム連載5回目です!
ちょっと鉄分多めな加賀谷さんのおもしろセキュリティ話は次回も続きます!お楽しみに! happy02

スマホで見たり書いたりしていたことが、誰かに知られちゃうってホント?!

皆さん、こんにちは。連載第5回目の今回も、引き続きスマホのネタでいきたいと思います。連載第3回と第4回をお読みになった皆さんは、自身のスマホに怪しいアプリを勝手に入れさせない、画面ロックを掛けている、さらにスマホに紐付いているアカウント情報の管理をしっかりとされていることと思います!

さて、ここまで対策していれば、もうスマホのセキュリティは万全・・・という訳でもないんですよ、奥さん! 今回は、「えぇ!? こんなことまで気にしなきゃいけないの?」と叫んでしまいたくなるくらい、最も原始的なことにまで言及しようと思います。皆さん、結構油断しているんですよねぇ~

その問題とは・・・スマホでコッソリ見ていた秘密のサイトやら、LINEでの彼女とのやり取りやら、彼氏へのラブラブメールやら、誰かにその内容を知られていたら、、どうですか?イヤですよね!キモチワルイですよね!

では、どんな状況で、これら秘密のことがバレてしまうのでしょうか。実際の例を見ていきましょう。

以下は、私の通勤途中の一場面です。

201406colum001-thumb-400x536-607

201406colum002-thumb-200x349-610

 これは、東北新幹線E5系「はやぶさ」ですね(特に意味はありません)。私が7A席に座り、8E席でパソコンを操作している人を見ている図です。最近のパソコンは大画面ですので、どんなサイトを見ているのか、どんな設計図面を見ているのかが、何となく分かってしまったりします。これが、タブレットでも、似た状況です。私は今まで新幹線車内で、大変に重要な社内メールやら客先に提示する仕様書やら提案書やら、色んなものを見てきました。社外秘情報ですよね・・ 身に覚えのある方は、今後、気を付けましょう! 機密情報がバレるバレないの話以前に、公衆の面前で機密文書を広げて見ているなんて、会社の信用問題にも関わってくると思います。パソコンでは一般的に使われてきたプライバシーフィルターですが、最近ではスマートフォンやタブレット用の物も販売されています。覗き見が気になる方は、使ってみてはいかがでしょうか。

さて、次はこれを見てください。

201406colum003-thumb-400x257-613

これは、東北新幹線E6系「こまち」ですね(特に意味はありません)。前列に座っている人が、座席を大きくリクライニングさせると、後列に座っている人はその隙間から色々と覗けてしまいます。あ、いつもこんなことをしている訳ではありませんよ!あくまでも、ネタ作りのためです。本気で覗けば、前列に座っている人のスマホの画面がよーーく見えます。どんなサイトを見ているか、LINEでどんなやり取りをしているか、一言一句、全部丸分かりです! 以前このような状況で、前列に座っている人がアダルトサイトを見ている場面に出会ったことがあります。私としては、「ワンクリック請求サイト」の罠に引っ掛からないかとヒヤヒヤして見ていましたが、その方は大宮で降りてしまったので、その後どうなったか・・・非常に心配です。声を掛けてあげた方が良かったでしょうか・・・ とにかく、後方からの覗き見に、注意!です。

さぁ、最後はこれを見てください。

201406colum004-thumb-400x261-617

これは、上越新幹線E4系「Maxとき」ですね(特に意味はありません)。E4系は、今では東北新幹線で乗ることができなくなってしまったので残念です(ますます関係無い)。この車両は2階建て、かつ窓が大きいのが特徴です。2列の座席に、1枚のガラス窓、という配置です。こうなると、リクライニングした座席の隙間から・・でなくても、夜だとこのように窓ガラスに反射したスマホの画面を覗くことが出来てしまいます。この時、前列に座っていた方は女性だったので、さすがにジロジロ見るのは控えました(笑)。本気で覗けば、結構見えちゃいますよ。周囲から見たら、かなり怪しい図になっていることは間違いないですが。やはり、後ろからの目に注意!です。

いかがでしたか? ここで紹介した写真を見ただけでも、スマホやタブレットの画面は周囲からよく覗けてしまうことがお分かりかと思います。実際にこのような場面に遭遇すると、想像以上によく見えてしまうことが実感できると思います。後ろからでなくても、通勤電車で隣に座っている人が操作するスマホやタブレットの画面も、たとえ意識していなくても目に入ってきてしまうものです。自分が思っている以上に、スマホの画面はジロジロと見られているものだという意識を持つべきでしょう。中には、隣に座っている人が操作するスマホの画面を横目でガン見したり、あからさまに覗きこんだりしているオヂサンを見かけたこともあります。覗き見注意!です。
「自分しか知らないはずの情報を、他人が知っている・・・ような気がする! 不正アクセス?」などと疑う前に、まずは自身が不注意な行動を取っていないか、思い返してみましょう。実は、横や後ろから覗き見された結果かもしれませんよ。

※文中の画像はイメージです。
※SPREADサポーター向けメールマガジンのコラムとして書かれたものをWebに掲載しています。

SPREAD事務局より
電車の中でもスマホやタブレットを使っている人が本当に多くなりました。動画を見ている人もいればゲームをしている人もいますが、中にはLINEなどのメッセージのやり取りをしている人もみかけます。自分自身はなんとなくマナーとしてジロジロとはみませんが、悪意を持って覗き見しようとしている人にとっては(ストーカーとか考えると怖いかも)覗き見し放題な状況かもしれません。ロック画面やアプリのダウンロードなどでパスワードを入力している人もいますが、それも丸わかりになってしまうわけで…あれ、スマホがない?落とした?と思ったら狙われて盗まれていた、なんてこともあるのかもしれません(こわっ)。SPREADでも、PCだけでなく安全なスマホの使い方についてこれからみなさんと一緒に考えていきたいです。happy01