Pocket

情報格差を解消。サイバー犯罪被害の抑止へ。

情報格差を解消。サイバー犯罪被害の抑止へ。

2004年に任意団体として設立以来、SPREADは誰もが安心してITを利用できる社会作りを目指して活動してきましたが、このたび一般社団法人に移行し活動を開始しました!

近年、スマートフォンなどのモバイル端末の普及により、インターネットは日常生活の一部とも言えるようになりました。いわゆるサイバー犯罪やトラブルもさらに複雑化し、SNSにおける不適切な情報発信やアカウント乗っ取りによる金銭被害、またゲームアプリの課金問題やパスワードの管理の困難さから個人情報が流出するなど、子供からシニアまですべての人にとってインターネットの安全な利用についての不安が増加しています。

そのような背景の中、任意団体からより社会的に責任ある一般社団法人として法人化する事で活動を強化していく事となりました。

引き続き、ITで困っている方、不安な方を『置き去りにしないセキュリティ』を合い言葉に、全国にてサポーター育成講座を開催し、誰もが安心して安全にインターネットを利活用できる社会作りに貢献してまいります。また今後は、全国各地でサポーターによる相談会の実施など実効性の高い活動を展開してまいります。

 

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000015717.html

プレスリリース PDFファイル