勝野祐子 様

昨年4月、緊急事態宣言が発出され、対面の講演やイベントはことごとくキャンセル。子どもたちは休校やステイホームを余儀なくされ、デジタル端末を使う機会が、学習面でも娯楽面でも増え、直面する問題や課題もより一層深まりました。

職場の講義・授業は否応なくオンライン形式に切り替わり、渋々対応。巷では早々とZOOMを習得した講師陣がウェビナーを展開するなか、オンライン形式といったら以前からSkypeが王道という古い考えに縛られ、新しいTV会議ツールへの抵抗感や対面形式こそがベストというこだわりが、新しい活動スタイルへの第一歩を足踏みさせていました。

そんななか、Grafsec主催の全国の啓発団体との交流は、とてもありがたく有意義で、啓発のあり方を柔軟に考えるとても良い機会となりました。
コロナ対策を万全に行い対面形式を貫き通すのもよし、リモート数か所を繋ぎオンライン形式で実施するのもよし、対面形式とオンライン形式の両方の良さを活かしたハイブリッド形式もよし、どれも正解でそれぞれの良さを活かした新しいスタイルを作っていこうと前向きになれました。

その後、地元の小中学校や高校、大学・専門学校、自治体などから「オンライン形式で実施できないか」「講演会の様子をビデオで撮影し、後日その様子をYouTubeに限定配信できないか」「事前に録画したものを期間限定でYouTube配信してもらえないか」など、オンライン形式を取り入れた様々な相談が相次ぎ、要望に応えようと試行錯誤の連続でした。
実際に以下の形式で、コロナ禍の講演・講座を開催しました。課題もたくさんありますが、受講者から寄せられた良かった点を書き添えておきます。

〇 録画しながら対面形式で行い、後日録画データをYouTubeで限定配信。
 - 会場に行けない人でも、好きな時間に視聴できる。
 - 聞き逃しても、後から何度でも再生できる。
〇 メイン会場は対面、他教室をモニターで繋ぎ複数会場で参加。
 - 密を避けられ、一度にたくさんの生徒が参加できる。
〇事前に録画し、期間限定でYouTube配信。
 - 期間内の好きな時間に視聴できる(忙しい保護者にありがたい)。
 - 期間内に何度でも再生できる。
〇 ZOOMによるオンライン形式。
 - 感染リスクを避け、安心して自宅で受講できる。
 - ブレイクアウトルームで他の参加者と交流・意見交換できる。
〇 万全なコロナ対策を行い、人数を減らした対面形式。
 - 少人数のため密を避けられ、安心して参加できる。
 - 参加者の顔を見ながらグループワークが行える。

最初の緊急事態宣言から1年経ち、再び4回目の緊急事態宣言が発出され、対面形式の講演・講座が再びキャンセルになるケースもありましたが、今後は昨年の経験を活かし先方の実情に合わせた最適な提案を行い、コロナ収束後を見据えた啓発を模索しながら、引き続き参加者に寄り添う啓発に励んでいきたいと思います。

※ 本コラムの記載内容は個人の見解であり、所属会社の立場、意見を述べたものではありません。

執筆者プロフィール

勝野 祐子 様
一般社団法人 安心安全インターネット塾 代表理事
主に名古屋市や愛知県内を中心に活動。

長年に渡りコンピューター専門学校・大学・企業で、IT教育に従事。
2010年、友人から子どものネットトラブルに関する相談を何度か受けたことをきっかけに、青少年の安心・安全なネット活用を目指す活動をスタート。
現在もIT教育を続けながら、地元の青少年(小学生・中学生・高校生)、専門学校生/大学生、保護者・教職員及び地域社会などを対象に講演を通して情報モラル啓発に取り組む。
それぞれの立場に寄り添う、わかりやすい説明をモットーにしている。

団体概要

一般社団法人安心安全インターネット塾
https://www.anshin-anzen-inet.com/

2021/7/14

※みんなのセキュリティコラムの著作権について
みんなのセキュリティコラムに掲載の記事(以下、コラム)の著作権は執筆者に帰属し、法律によって保護されています。
コラムの一部または全部を著作権法が定める範囲を超えて複製・転載することを禁じます。