Pocket

『貴様メール』何度目?

フィッシング対策協議会の緊急情報をお知らせします。

りそな銀行をかたるフィッシングメールが出回っています。

先日からお伝えしている貴様のアカウントの利用中止を避けるため
という銀行の偽メール。

同じ文章で今度はりそな銀行をかたるメールとして登場。

見るからにあやしい…とみんながみんな思うわけではありません。
銀行から、というだけで信じてしまう人もいるので、自分だけでなく
少なくとも家族には銀行の偽メールはやってるからメールの中の
リンクをクリックしないようにねと一声かけておくのが重要です。
実際にはメール内のリンクをクリックするとフィッシングサイトに飛ばされ、
ログインIDとログインパスワードの入力画面が表示されます。
フィッシングサイトですので、ログインするとそのIDとパスワードが
盗まれることになります。


本物のサイトを丸ごとコピーして作っているケースが多いため、
画面だけでは本物と区別がつきません。
区別がつく人がいたら尊敬します。間違い探しとか無理です(笑)。


このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(ログインID・
ログインパスワードなど)を入力しないように注意してください。

2016/08/29 10:30 現在フィッシングサイトは稼働中です。JPCERT/CCが調査中ですが
今後も類似のフィッシングサイトが公開される恐れがありますので引き続き注意してください。

[緊急情報] りそな銀行をかたるフィッシング (2016/08/29)
URL :https://www.antiphishing.jp/news/alert/resonabank_20160829.html

※リンクをクリックするとフィッシング対策協議会のサイトが別ウインドウで開きます。

 

き、貴様だと…?

パスワードを入力してしまったかも!?

パスワードの変更をしましょう。

最新の状態にしたウイルス対策ソフトでウイルスチェックもお忘れなく。

参考情報

りそな銀行の公式サイトに
『マイゲートサポートセンター』(フリーダイヤル)の
電話番号が
掲載されています。

まず銀行にお問い合わせください。

お問合せ先(りそな銀行)
http://www.resonabank.co.jp/kojin/contact/index.html

どんな対策をしたら?

フィッシング詐欺にひっかからないためにできることとして習慣づを利用しましょう。

メールの中のURLはクリックしないという習慣をつける

ネットバンキングをするときは必ずブックマークした公式サイトから

重要なお知らせがきたときはまず公式サイトを確認する

まず銀行から重要なお知らせというメールが届いたら、
公式サイトを確認してみましょう。
利用者に連絡をするくらいの何かが起きているのだとしたら、
必ず公式サイトにお知らせがのっているはずです。

のっていなかったら偽物。このステップを習慣づけるだけで、
詐欺にあう確率はかなり減るはずです。

また、多くの銀行がワンタイムパスワードを導入しています。
トークンスマホアプリなどの利用も提供されていますので、
安全に利用するために自分にあった方法を探してみるとよいと思います。

また、セキュリティ対策ソフトにはあやしいサイトへのアクセスを
ブロックする機能をもつものもありますので、ぜひ活用してください。

頻繁にお金のやり取りを行うのであれば、パソコンだけでなく、
スマホにもセキュリティ対策アプリをインストールするか、
最初から複数のデバイス(PC、タブレット、スマホ等)に使う事が
できるセキュリティ対策ソフトを使うことをおすすめします。

もしパスワードを入力してしまったら?

ご自身で対応できる場合は、まずパスワードの変更、銀行へ電話、
そしてウイルスチェックを!
(簡易スキャンではなく時間はかかるけどフルスキャンです!)
もちろんOSが最新の状態かどうかも確認してくださいね。

お金は大事だよ〜。

参考情報

ご注意:銀行を装った、ID・パスワード等の入力を求める不審な電子メールについて(2016年8月29日更新)
http://www.resonabank.co.jp/direct/gochui/detail/20110907.html

マイゲート 安全にお取引きいただくための対策
http://www.resonabank.co.jp/kojin/anshin/index.html

『ワンタイムパスワード』の詳細・利用方法
http://www.resonabank.co.jp/kojin/anshin/qa_06_1.html

※クリックするとりそな銀行のサイトが開きます。

りそな銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2016/08/29/268/

※クリックすると外部のサイトが開きます。

STOP. THINK. CONNECT.

SPREADの応援している啓発キャンペーン <STOP.THINK.CONNECT>を合い言葉に クリックする前に一度立ち止まって考える習慣を広めましょう!『危ない』『怖い』だけでなく、実際に使える安全な利用方法を一緒に考え伝えて行きましょう!

bnr_stc

STOP. THINK. CONNECT.
立ち止まる 考える 楽しむ

 

(2016/08/29)