Pocket

アカウントへのアクセス制限? いいえ、そのメールは偽者です!

フィッシング対策協議会の緊急情報をお知らせします。

MyJCB をかたるフィッシングの報告を受けています。

「請求エラーによりアカウントが制限された」として、特定の期間内にアカウント情報を確認する必要があると不安をあおり、アカウントを有効にする方法のリンク先をクリックさせようとします。

もちろんニセモノです。

メール内のリンクをクリックすると当然ですが偽サイトに飛ばされて、My JCBのID確認画面としてカード番号の入力画面が表示されます。

偽サイトですので、ここで入力してしまうとそのMyJCBID、MyJCPパスワード、カード番号などの情報盗まれてしまいます。

本物のサイトをコピーして作っているケースが多いため、画面だけでは本物と区別がつきません

このようなフィッシングサイトにてクレジットカード情報 (MyJCB ID、MyJCB パスワード、カード番号、セキュリティコード) を絶対に入力しないようにしてください。

2018/09/19 15:00 現在、フィッシングサイトが稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中です。類似のフィッシングサイトが公開される可能性がありますので引き続きご注意ください。

[緊急情報] MyJCB をかたるフィッシング (2018/09/19)
URL :https://www.antiphishing.jp/news/alert/myjcb_20180919.html

※リンクをクリックするとフィッシング対策協議会のサイトが別ウインドウで開きます。

クリックすると別ウインドウで拡大画像に

カード番号を入力してしまったかも!?

万が一、カード番号等の情報を入力してしまった場合は、

カード裏面の電話番号または下記JCBインフォメーションセンターまで連絡をしましょう。

JCBインフォメーションセンター
http://www.jcb.co.jp/support/contact/personal/information-center.html

東京 0422-76-1700

大阪 06-6941-1700

福岡 092-712-4450

札幌 011-271-1411

9:00AM~5:00PM 年中無休

どんな対策をしたら?

フィッシング詐欺にひっかからないためにできることとして習慣づを利用しましょう。

メールの中のURLはクリックしないという習慣をつける

ログインするときは必ずブックマークした公式サイトから

重要なお知らせがきたときはまず公式サイトを確認する

利用者に連絡をするくらいの何かが起きているのだとしたら、
必ず公式サイトにお知らせがのっているはずです。

そして公式サイトにお知らせがなくてわからない場合は
クリックしないのが一番。

もしパスワードを入力してしまったら?

パスワードの変更をしましょう。使い回しはダメ、ぜったい

あやしいメールがわかったら誰も苦労しないですよね。
リンクをクリックしてパスワードやカード番号などを入力させる
表示がでたらすぐに中止しましょう。

今回のようにいきなりカード番号などを聞いてくる場合もありますので
不安な場合はとにかく『入力しない』のが安心です。

参考情報

個人情報を入力させる不審なEメールにご注意ください!
https://www.jcb.co.jp/service/safe-secure/notice/trouble/#003

フィッシング対策(JCB)
http://www.jcb.co.jp/security/phishing.html

クレカ情報を詐取、「MyJCB」をかたるフィッシングメールが拡散中 (INTERNET Watch)
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1134441.html

※クリックするとそれぞれ()内のサイトが開きます。

STOP. THINK. CONNECT.

SPREADの応援している啓発キャンペーン <STOP.THINK.CONNECT>を合い言葉に クリックする前に一度立ち止まって考える習慣を広めましょう!『危ない』『怖い』だけでなく、実際に使える安全な利用方法を一緒に考え伝えて行きましょう!

bnr_stc

STOP. THINK. CONNECT.
立ち止まる 考える 楽しむ

 

(2018/09/19)