Pocket

全銀協の偽サイトにご注意

フィッシング対策協議会の緊急情報をお知らせします。

全国銀行協会をかたるフィッシングサイトが確認されています。

今回はフィッシングメールではなく、サイトそのものの情報ですが
偽サイトには下記のような文言が表示され、クレレットカード情報やセキュリティコードを入力させようとします。

「要注意!金融犯罪の手口」

安全安心にご利用いただける為に、カード情報の漏洩、不正利用されていないかをご確認ください。


また、銀行協会員や銀行職員を装い、言葉巧みにお客様の口座情報を聞き出そうとする事件や、暗証番号を聞き出してキャッシュカードをだまし取ろうとする事件、現金をだまし取ろうとする事件等が発生していますのでご注意ください。

このようなフィッシングサイトにて

  • クレジットカード情報
    (カード番号、有効期限、CVV等)

等を絶対に入力しないように注意してください。

2018/12/20 14:00 現在フィッシングサイトは稼働中でJPCERT/CCにて
閉鎖のための調査が依頼されています。
今後も類似のフィッシングサイトが公開される恐れがありますので
引き続き注意してください

全国銀行協会をかたるフィッシング (2018/12/20)
URL :https://www.antiphishing.jp/news/alert/zenginkyo_20181220.html

※リンクをクリックするとフィッシング対策協議会のサイトが別ウインドウで開きます。

どんな対策をしたら?

誰でも詐欺に引っかかる可能性があります。
フィッシング詐欺にひっかからないためにできることとして習慣づを利用しましょう。

STOP
クリックする前に一呼吸
メールの中のURLはクリックしないという習慣をつける

THINK
これは本物?ちょっと考えてみる
重要なお知らせがきたときは公式サイトを確認する

CONNECT
安心して安全にネットにつないで楽しむ
ログインをするときは必ずブックマークした公式サイトから


フィッシングはメールで来るとは限らない。
「詐欺」の手口は様々です。
簡単にできることはその場で慌てて対応しない、ということです。
必ず誰かに相談する習慣をつけると詐欺に騙されにくくなります。
銀行に相談する、家族に相談する、「相談する」ことって大事です。


どこに相談して良いかわからない、そんな状況を減らしていくため
SPREADではそんな気軽に相談できる人材、情報セキュリティサポーターを
全国各地にこれからも育成していきたいと思っています。

【クレジットカード番号等をフィッシングサイトで入力してしまったら?】

カード会社に連絡しましょう

万が一、クレジットカード番号等の情報を入力してしまった場合は、
カード裏面に記載のカード会社へ連絡しましょう。

最新の状態にしたウイルス対策ソフトでウイルスチェック(フルスキャン)をしましょう。

訪問や電話を受けたら?

最寄の警察や全国銀行協会相談室または銀行とりひき相談所
相談しましょう。

参考情報

全国銀行協会の偽サイトにご注意!(全国銀行協会)
https://www.zenginkyo.or.jp/topic/detail/nid/9013/

※クリックすると()内のサイトが開きます。

SPREADの応援している啓発キャンペーン <STOP.THINK.CONNECT>を合い言葉に クリックする前に一度立ち止まって考える習慣を広めましょう!『危ない』『怖い』だけでなく、実際に使える安全な利用方法を一緒に考え伝えて行きましょう!

bnr_stc

STOP. THINK. CONNECT.
立ち止まる 考える 楽しむ

 

(2018/12/20)